アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Healthy Talk
ブログ紹介
ヘルシーレシピと癒しアイテム。減塩、低たんぱく食が長生きの秘訣! おすすめな健康食やグルメ、ストレス解消法などを紹介!!
zoom RSS

アメリカの大統領選挙、トランプの勝因は反移民と反格差!?

2016/11/09 18:30
アメリカの大統領選挙。CNNなどは選挙当日もクリントン優勢を伝えていたが、蓋を開けてみれば、なんとトランプ氏の大逆転勝利。アメリカ国民は、トランプ氏の言うところの「チェンジ」を望んだらしい。

アメリカ国民にとっては、トランプ氏の差別的な発言や女性蔑視の思想などはたいした問題では無かったらしい。それよりも、移民によって奪われた仕事や格差のほうがもっと切実な問題だったのだろう。

アメリカはもっと裕福な国だと思っていたが、貧困層は医療でさえまともに受けられないらしい。学生もお金が無いために退学に追い込まれ、鉄鋼や自動車など、そこで働く労働者も経済のグローバル化で皆仕事を失っているのだとか。

つまり、一般のアメリカ人にとっては、トランプ氏の言う「メキシコに壁を作る」や、「TPP反対」などは、とても魅力的なフレーズであったり、心に響いたのだろう。

一方、クリントン氏は既存政治への不満、特権階級への不満をもろに受けてしまった感じ。これで大統領になるチャンスを2度失ったわけだから、災難と言えば災難な話。しかし、本来は民主党こそトランプ氏の主張する「労働者利益」の政策をとらなくてはならなかった政党。オバマ政権下でその不満を解消できなかったのだから、落選は自業自得と言えば自業自得と言えるかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポケモンGOは国が規制すべき? 車も自転車もプレー禁止、強制停止!?

2016/11/01 20:26
ポケモンGOはある意味「社会悪」。これだけ死亡事故を起こしているのだから、もはや反論の余地は無いだろう。

普通、これだけ重大な事故を起こしかねないと見なされた場合、開発元の会社がそれなりの対策を考えるもの。しかし、開発元のナイアンティックは、歩きスマホの注意喚起、車や自転車を想定した速度制限をかけているだけ。強制的な禁止や停止まではかけていない。

となると、国や自治体が法律や条例を作って強制的に禁止すればいいのでは?とも思うが、これも国のやること、反応がすこぶる遅い。

車の運転などは、他にも以前から高齢者の事故が問題となっているが、この問題でさえ国はほとんど何の対策もとっていない。責任逃れ程度に高齢者講習を設けているだけだ。

日本という国は、どういうわけか犯罪に対しての罰則が甘い。飲酒運転もそう。いじめ問題やストーカー事件にしても、いじめる側、ストーカーに罪の意識が無いというよりは、見せしめになるほどの罰則、末路が無いためだ。

歩きスマホも注意喚起はするが、罰則が無い。だから歩きスマホは後を絶たない。ならば、警察官なり、委託業者が、見つけ次第罰金を徴収するようにすればどうなるだろう。

駐車禁止が委託業者によって積極的に取り締まられるようになって減少しているように、歩きスマホも減少するのではないだろうか。なにしろ、歩きながらスマホをするだけで、1万、2万と、見つかり次第どんどんと罰金として徴収されてしまうのだから。

車や自転車を運転しならがらポケモンGOをプレーすることについては、警察も積極的に取り締まっているようだが、車の数を考えればほとんど焼け石に水。抑止力にはなっていない。これについてはいくら罰金を設けたところで違反する者は後を絶たないだろう。となれば、やはり法律によって縛る他はない。

今後、ポケモンGOと似たような歩きスマホ、運転中スマホを助長するようなゲームがどんどん登場してくるだろう。しかし、運転中スマホを禁止する法律さえあれば、開発元も運転中はプレーを強制停止させる機能を付けざるをえなくなる。

ポケモンGOの問題、運転中スマホによる死亡事故は、結局のところ、国による強制的な規制しか防ぐことはできない。日本人、人間は、マナーなど守らないのだから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


内視鏡検査は胃と大腸、一緒にやったほうが楽でおすすめ!?

2016/10/17 18:56
今回、初めて胃と大腸の内視鏡検査をいっぺんにやった。時間にして30分あまり。意外と簡単で楽だった。

胃カメラは食事抜くだけなので楽。でも、どうせ胃カメラで食事抜くなら、大腸も一緒にやってしまったほうが手間がかからない。もっとも、大腸の場合は2Lのニフレック(下剤)を飲まなければならないのだけれど。

ニフレックも人によっては気持ち悪くなるらしい。自分は幸運なことに旨くはないけど普通に飲める。飲みやすくするには冷やすといいとは聞くけれど、冬などは冷やすとかえってお腹が大変なことになるんじゃないだろうか。

ニフレック。実は気持ち悪くて飲めない人は3時間でも4時間でもかけて少しづつ飲めばいいのだとか。無理して2時間で飲む必要は無いらしく、ぶっちゃけ全部飲まなくても便に固形物が無ければOKらしい。自分も大抵1.5リットルぐらいしか飲んでいない。

いつもの病院の胃カメラは異様にぶっとい。最新の内視鏡カメラはもっと細いんじゃないの?と言いたくなるくらいぶっとい。それを喉の麻酔だけで飲むものだから毎回こっちは必死な形相。ここの病院は大腸カメラもぶっとい。他の病院の大腸カメラはどのくらいの太さなのかは分からないけれど、大学病院なんだからそろそろ最新の機械にしてほしいなあとも思う。

胃カメラも大腸カメラもその日に概要は教えてくる。でも、1週間後の正式な診察がドキドキもの。ほんと、心臓に悪い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豊洲ベンゼン市場問題、安全面では築地に比べ魚介類は安全と言えるのか!?

2016/09/11 20:49
豊洲の移転問題。

「築地市場が老朽化したから新しい場所へ移転する」 

「築地市場が狭くなったからもっと広い場所へ引っ越しをする」 

こう聞くと至極当然、当たり前のように聞こえる。でも、蓋を開けてみれば・・・

「新しい場所は東京ガスの工場跡地で土壌、地下水の汚染がありました」 

「土壌汚染対策に5メートルほど盛り土しましょう。あ、建物の下は忘れてました。すみません」

などという間抜けな展開。なんのこっちゃ・・・って話。

そもそも、生もの、生鮮食品を扱うにも関わらず、土壌汚染、地下水汚染って、アリエナイだろ・・・。

呆れるばかりだ。

これじゃ何のために移転するのか分かりゃしない。まぐろ店からは「狭くてまぐろ包丁が使えない」なんて声も。

おまけに、ベンゼンなどの土壌汚染で築地ブランドも機的状況・・・。「新鮮」はおろか「安全」でさえも疑問符が付くようになった。

東京都は必死に言い訳じみた調査をしているみたいだけれども、ベンゼンが発がん性物質であることに変わりはない。その危険度は厚生労働省も認めている。

また、かつて栄養ドリンクの問題でも「ベンゼンはなかなか壊れないため、体内で異物となってぐるぐる巡り、特に造血器官である骨髄に悪影響をもたらして白血病を起こすと考えられている」と報道されていた。

つまり、豊洲市場はオープン前にも関わらず、もっとも根幹となる「安全問題」でケチがついてしまったわけだ。

築地市場は観光地としても人気だったのに・・・。

わざわざ築地ブランドを捨てるか? 

全くもって間抜け・・・で、不毛な移転だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポケモンGO効果!? 歩いて散歩して体脂肪が「少ない」に!

2016/08/19 19:39
いい大人がポケモンGOなんて・・・。

自分は、どちらかと言えばそっち側の人。

でも、体重計は嘘をつかない。今まで「標準」だった体脂肪が、なんと、「少ない」に変化してるではないか・・・。

ポケモンGOのおかげとは思いたくない。でも、他に理由が見当たらない。

確かに、最近無駄に歩いている気がする・・・。

スーパーでもコンビニでも、頼まれればどこにでも行くバカなオレ・・・。

人間はやはり収集癖があるのだろう。頭では「ポケモンなんて集めたところで何になる?」と分かってはいるのだが、ついつい新しいポケモンをゲットしたくなる。「そっちは脇道ですよー!」と自分にツッコミ入れたいぐらいだ。

ビール飲んで揚げ物食べてウイスキー飲んで、体脂肪が「少ない」と出るのだから、これはもう、れっきとしたダイエットマシン、ゲームと呼ぶべきだろう。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


アベノミクスで格差拡大!? 富裕層優遇で資産が2倍に!!

2016/07/03 21:40
ニュースを見てビックリ。アベノミクスの成功なのか失敗なのか、日本ではたった3年で富裕層の総資産額が2倍に増えたらしい。その額、なんと、16兆円。

16兆円・・・。マジか?

この16兆円という数字は、日本の全世帯の下から半分の資産額と同額らしい。つまり、たった40名の資産額と、日本の約半分の世帯収入とが、なんと、同額なのだ・・・。

ランキング的にいえば、何百、何千万という下位50パーセントの収入と、40位までのたった40人の総資産とが、ほぼ同じということだ。

これはどう見てもおかしい。この事実を日本の国民は知っているのだろうか・・・。アベノミクスで格差が広がったというニュースはよく耳にするが、ここまでひどい状況になっていたとは・・・。

イギリスでは選挙の結果や大事さが認識されたが、日本も今度の選挙は日本の行く末を決める大事な選挙になるのかもしれない。なぜなら、選挙の結果でさらに格差拡大が進むかもしれないし、憲法さえも変えられてしまうかもしれないのだから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FXトレードの失敗確率は90パーセント!? 銀行マンも借金地獄に!!

2016/06/22 21:28
造幣局が所有する時価6400万円相当の「金塊」。その金塊を盗んだのが、なんと自分のところの職員だったという・・・。

ニュースでビックリしたのだが、重さは15キロもあったらしい。一体、そんな金塊を盗んでどうする気だ?と思うのだが、埼玉にある質屋に入れていたらしい・・・。なんとか現金にしたかったのだろうが、まさか質店に持っていくとは・・・。そして、その動機がまた陳腐。

「FXでの損失を埋めたかった・・・」 

FX関連のニュースはよく耳にする。銀行マンでありながら顧客の預金を着服したり、顧客から預かった小切手を無断で使用したりと・・・。その額もウン千万、ウン億と、まさに桁違いの額だ。

そのFXという取引。実は利益を出すことは容易ではないらしい。8〜9割の人は損をしていて、投資というよりはギャンブルに近いものなのだとか。

銀行によっては職員のFX取引を禁止しているケースもあるという。つまり、金融のプロでも儲けることは難しいというわけだ。

ハイリスク・ハイリターン。今はスマホなどでも簡単に取引できるが、素人は手を出さないほうが無難なようだ。FXにおぼれた末路が、着服や横領、金塊の窃盗なのだから・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Healthy Talk/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる