テーマ:ユーチューブ

ドコモのCM「VoLTE実証篇」でストーカーが増長しそうな件

ドコモのCM、VoLTE(ボルテ)実証篇を見て、思わず吹いた。 勝地涼「僕の気持ちはもう分かってるよね?」 石原さとみ「あなたとは無理なの。聞いてる?」 勝地涼「あっ、聞いてるんだけど、前よりも希望を感じる」 石原さとみ「はぁ?」 石原さとみ「あなたとは無理なの!」 勝地涼「へっ、もう1回、言って」 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

がんばれ!ふでぺん、ボールペンは澪Verに限る…かなり本気よ♪

けいおんの曲じゃないけど、今年の正月はふでぺんがかなり頑張った。年賀状もふでぺん一本でなんとかなるもんだね。 けいおん!の映画がヒット!ということで再びけいおん楽曲をヘビロテ。で思ったのが、「ふでペン ~ボールペン~」が素敵に素晴らしいんじゃないかということ。この曲、普通にメロディアスなスピードロックだよね。 ふでぺ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3D金魚アートが海外で人気?! 深堀氏が描く立体金魚!!

海外で日本人が描く3Dのゴールドフィッシュ・・・が話題となっているらしい。3Dのゴールドフィッシュ・・・そう、つまりは立体的に描かれた金魚のこと。その金魚の動画が今、海外で話題になっているのだ。 動画ではタライに直接絵を描き、その上から水に見立てたエポキシ樹脂のようなものを流し込んでいる。どういう理屈で立体的に見えているのかは不明…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初音ミクが歌うコクリコ坂から主題歌「さよならの夏」!

コクリコ坂から上映開始!ってことでコクリコ坂ネタ。といっても、別に今日見に行ったわけではないんだけどね。 コクリコ坂からの主題歌、キャッチコピーが「上を向いて歩こう」だからてっきりスキヤキソングかと思ったら、手嶌葵ヴォーカルの「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」だった・・・。 となると、ジブリ音楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽快なガールズロックが聴きたくて 小さな勇気!がんばれ女の子!!

Girls Dead Monster(ガルデモ)の「Little Braver」。ガールズロックといえば「SCANDAL」って感じだけど、ことギターに関しては「Girls Dead Monster」って感じ。 ガルデモといえばヴォーカルのLiSAってイメージが強いけど、オレ的にはガルデモ=「光収容」のギターって感じなんだよね。ギタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシックの知られざる名曲 ショパンと並び称されたピアノの詩人!

19世紀、ステファン・ヘラーという作曲家がいたらしい。今ではほとんど知られていないけれど。 しかし、19世紀当時、ステファン・ヘラーはショパンと同様に“ピアノの詩人”として高い支持を得ていたらしい。今ではほとんど知られていないのだけれども。 そんなステファン・ヘラーを、今の世に甦らそうとしている日本人がいるらしい。金澤攝(か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ないラブソングが聴きたくて Plain White T's「1,2,3,4」

「Hey There Delilah(きいてよデライラ)」のヒット曲で知られるアメリカの人気ポップバンド、プレイン・ホワイト・ティーズ (Plain White T's)が歌うラブソング。Hey There Delilahと同様、シンプルなんだけどどこか心に染み込んでくる切ないメロディーです。 Plain White T's …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦場のヴァルキュリア 主題歌を歌うHIMEKAはヴァルキュリア人?

戦場のヴァルキュリアを見ながら、主題歌を歌ってる「HIMEKA」って、もしかしてヴァルキュリア人?なんてことを思ったら、外国は外国でもカナダ人の新人シンガーだった。まあ、ヴァルキュリアなんて国は無いけどね。でも、“カナダ人”ってのが意外だった。なにせ、話に聞くまでは完全に“日本人”だと思っていたから・・・。 本名はCatherin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ない曲やラブソングが聴きたくて… ドロレス・オリオーダン「オーディナリー・デイ」

クランベリーズのヴォーカル、ドロレス・オリオーダンが歌う一曲「Ordinary Day」。直訳すれば平凡な毎日ってことでしょうか。この人の歌声って、アイルランド出身ということもあってか、どこか切なく荒涼としたイメージがあるんですよね・・・。 このPV、どうやらオフィシャルな動画みたい。まあ、勝手に載せられるくらいならオフィ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SPEED復活! 上原多香子のファーストアルバムを聴く…

SPEED復活!・・・してたみたいだね。どういう経緯で再結成になったかは知らんけど、とにかくおめでとう!! で、ふと自分が上原多香子のCDを持っていたことに気づく。持ってるのはファーストアルバムの「first wing」ってやつ。改めて聴いてみて思うんだけど、このアルバム、けっこう良いかもしれん・・・。 Enpty : …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラオケで女の子に歌ってほしい曲は? 久松史奈「天使の休息」

カラオケに行くと、必ずと言っていいほど歌ってくれとせがむ曲。でも、何気にみんなこの曲を知らなかったりするんですよね・・・。まあ昔の曲なので当然と言えば当然なんだけど、やっぱり不思議。こんなに良い曲なのに・・・。 というわけで、ちょっと普及活動をば。昔はELTの曲なんかを歌ってもらってたけど、最近はもっとロッキンな女の子を聴きたいわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ない曲が聴きたくて… マイケル・ジャクソン「You Are Not Alone」

マイケル・ジャクソンの音楽は、正直あまり聴こうとはしなかった。この曲を知るまでは・・・。 You Are Not Alone(ユー・アー・ナット・アローン)は1995年にリリースされた切ないバラード曲で、ビルボードで初登場1位を獲得した大ヒット曲。マイケル・ジャクソンっていえば「スリラー」が有名だけど、この人、実はバラードを歌うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽のラブソングが聴きたくて… ジャーニー「I'll Be Alright Without You」

ジャーニーの音楽はまさに80's(エイティーズ)の香り・・・。スティーヴ・ペリーの歌声を聴いていると、なんだかとてもセンチになります。 Journey - I'll Be Alright Without You PVの絵が何故かめぞん一刻に・・・。でもそれがまた良かったりして・・・。 「I'll Be Alrigh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽のラブソングが聴きたくて… リアン・ライムス「I Need You」

洋楽にはJ-Popには無い独特な切なさや哀愁がある・・・と思うこの頃。最近はJ-Popのほうが洋楽に比べてサビのメロディがグンと良くなった感じだけど、逆にかつて持っていた歌謡曲的な哀愁や切なさが無くなってしまったように思う。 リアン・ライムスは個人的にかなり好きなアーティスト。歌手も歌が上手いと技術を見せつけようとして声を張り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ない曲やラブソングが聴きたくて…

カントリーやフォークを聴いていると、ふと懐かしい音色に出会う時がある。聴いているのはアメリカの音楽なのに・・・。 マイケル・ジョンソン(Michael Johnson)の曲・歌声も、まさにそんな懐かしさを感じさせる音色で一杯です。マイナーコードの切ないメロディーに、甘く哀しげな歌声が切々と響いてきて・・・もう涙が出てきそうです。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウマウマ(゚∀゚)のネコ耳動画が大流行しているらしい

「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」のネコ耳動画がユーチューブやニコニコ動画で大流行している模様・・・。 動画は両手を頭の横に置き、腰を左右にクネクネさせながら踊るネコ耳ダンスで、元ネタは「ぽぽたん」というギャルゲの主題歌に出てくる1シーン(2人のキャラが2秒くらい踊っているやつ)だとか。まあ見てくだされ。 そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこピアノ? ねこ鍋の次は猫ピアニスト!

ニコ動やユーチューブで話題となり、社会現象にまでなった「ねこ鍋」。そんな猫の愛らしさ、キュートさが人の心を癒すのか、以降様々な猫動画がアップされていますが、今度は「ねこピアノ」らしい・・・。 話題になっているのは、ピアノを弾くメス猫の「NORA(ノーラ)」。ユーチューブで現在、閲覧数900万回に迫ろうかという勢いです。まあ何はとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more