テーマ:洋楽

震災ストレスには欲望のままに飲んで食べて笑って歌って遊んで!?

NHKの看板アナ、赤羽のロニーが体調不良でダウンしたみたい。震災ではNHKも相当パニくったんだろうね・・・。それにしても、震災後、心身のバランス崩した人多いね・・・。 ま、オレは至って能天気なんだけど。 NHKの松本和也アナウンサーの魅力といえば、やはりなんといっても赤羽のロニー。あの人懐っこい笑顔のどこに、あんな野獣のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爽快なアメリカンロックが聴きたくて ナイトレンジャーでドライヴィン!

アメリカンロックの王道といえばヴァン・ヘイレンやジャーニー。でも、時を同じくして、アメリカにはさらにハードにロックドライブし続けるバンドがあった・・・。 その名も「ナイトレンジャー」。 そんなナイトレンジャーの通算9枚目のアルバムが完成した模様。新曲のPVがユーチューブにアップされてました。 Growin' Up In…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ないラブソングが聴きたくて 世界遺産ベローナとジュリエット

アモーレ!アモーレ!!アモーレ!!! 「イタリアは愛(アモーレ)の国です」。納得。世界遺産への招待状「イタリア 親愛なるジュリエット様~ベローナ市街~」を見てなんとなく。 でも、英語で言えば「LOVE! LOBVE!! LOVE!!!」。日本語で言えば「愛してる!愛してる!!愛してる~!!!」なわけだから、なんだかちょっと恥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ないラブソングが聴きたくて Plain White T's「1,2,3,4」

「Hey There Delilah(きいてよデライラ)」のヒット曲で知られるアメリカの人気ポップバンド、プレイン・ホワイト・ティーズ (Plain White T's)が歌うラブソング。Hey There Delilahと同様、シンプルなんだけどどこか心に染み込んでくる切ないメロディーです。 Plain White T's …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブライアン・セッツァー! クリスマスソングには洋楽、ロカビリーが良く似合う?

よく行く雑貨屋でハロウィン売り場がクリスマス売り場に変わってた。ハロウィンの次はもうクリスマスかよっってツッコミ入れたい感じだったけど、なんとなく楽しそうなので色々物色。ブライアン・セッツァーのクリスマスCDがあったので試しに買ってみると・・・。 ロカビリーとクリスマスソングって結構相性いいかもね。 渋くクラッシーなコンピに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

洋楽の切ない曲やラブソングが聴きたくて… ドロレス・オリオーダン「オーディナリー・デイ」

クランベリーズのヴォーカル、ドロレス・オリオーダンが歌う一曲「Ordinary Day」。直訳すれば平凡な毎日ってことでしょうか。この人の歌声って、アイルランド出身ということもあってか、どこか切なく荒涼としたイメージがあるんですよね・・・。 このPV、どうやらオフィシャルな動画みたい。まあ、勝手に載せられるくらいならオフィ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カントリーの魅力はデュエットにあり? ウィリー・ネルソン with リー・アン・ウーマック

カントリーの魅力はデュエットにあると思う今日この頃・・・。 ウィリー・ネルソンはカントリーの大御所とはいえ、やはりその音色は土っぽかったりする。けれども、そこに女性アーティストが加わったりすると全然別人の音楽に聴こえたりするから不思議。まあ、これはカントリーに限らず日本のJ-Popにも言えることなんだけどね・・・。 Mend…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラリー・ダフ & 米倉千尋 クリスマスソングといえば?

ケーキ屋でクリスマスケーキを予約している人が・・・。そうか、もうクリスマスの季節なのね・・・。 というわけでクリスマスソングをば。気分はもう師走モード突入って感じです。 ちょっとブルー・クリスマス気味だけどね・・・・。クリスマスソングといえば自分的にはヒラリーダフの「Santa Claus Lane」。まあ、旬な曲ではないんだけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ない曲が聴きたくて… マイケル・ジャクソン「You Are Not Alone」

マイケル・ジャクソンの音楽は、正直あまり聴こうとはしなかった。この曲を知るまでは・・・。 You Are Not Alone(ユー・アー・ナット・アローン)は1995年にリリースされた切ないバラード曲で、ビルボードで初登場1位を獲得した大ヒット曲。マイケル・ジャクソンっていえば「スリラー」が有名だけど、この人、実はバラードを歌うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽のラブソングが聴きたくて… ジャーニー「I'll Be Alright Without You」

ジャーニーの音楽はまさに80's(エイティーズ)の香り・・・。スティーヴ・ペリーの歌声を聴いていると、なんだかとてもセンチになります。 Journey - I'll Be Alright Without You PVの絵が何故かめぞん一刻に・・・。でもそれがまた良かったりして・・・。 「I'll Be Alrigh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽のラブソングが聴きたくて… リアン・ライムス「I Need You」

洋楽にはJ-Popには無い独特な切なさや哀愁がある・・・と思うこの頃。最近はJ-Popのほうが洋楽に比べてサビのメロディがグンと良くなった感じだけど、逆にかつて持っていた歌謡曲的な哀愁や切なさが無くなってしまったように思う。 リアン・ライムスは個人的にかなり好きなアーティスト。歌手も歌が上手いと技術を見せつけようとして声を張り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋楽の切ない曲やラブソングが聴きたくて…

カントリーやフォークを聴いていると、ふと懐かしい音色に出会う時がある。聴いているのはアメリカの音楽なのに・・・。 マイケル・ジョンソン(Michael Johnson)の曲・歌声も、まさにそんな懐かしさを感じさせる音色で一杯です。マイナーコードの切ないメロディーに、甘く哀しげな歌声が切々と響いてきて・・・もう涙が出てきそうです。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more