炭水化物を食べないダイエットは不健康だと思う件

ダイエットなのか、健康のためなのか、はたまたビール腹になるのが嫌なのか、炭水化物を摂らない人がいる。だけど、栄養学的に言って、炭水化物を抜いてしまって、どうやって必要カロリーを満たす気なんだろう。

炭水化物は人間のエネルギー源として最も大事なはず。それを食べないで、どうやってエネルギーを確保するのだろう。蛋白質や油を大量に摂ってエネルギーとしているのだろうか。それもと、酒やビールをごはん代わりとする気なのだろうか。

肉食動物は肉や魚を食べてエネルギーにしているのだから、人間だってそれは可能なのだろう。でも、そんな食生活は果たして健康的と言えるだろうか。それこそ肉食動物みたいで長生きできるとは思えない。それとも、肉や魚の食べる量は増やさずに、油やお菓子類も食べず、1日の総カロリーが1,000キロカロリー以下になったとしても、その食事で我慢しているのだろうか。

家でじっとしているのならまだしも、普通に生活していて1日1,000キロカロリー以下なんて生活をしていたら確実に不健康になると思う。なにしろ、そんな生活をしていたら痩せて筋肉量も減り、基礎代謝の少ない体になってしまう。基礎代謝が減れば確かにエネルギーを必要としない体に改造できるとは思うが、まさに「もやし」みたいな不健康な体になってしまう。

ビールも飲んで、ごはんも300、400グラムも食べるのは論外だけれども、一般男性であれば1食200~250グラムぐらいごはんを食べたって何の問題もない。女性だってそのくらい食べてもさほど問題はないだろう。ダイエットしたいなら1食150グラム程度に抑えれば、何もしなくたって自然に痩せていく。

よくダイエットでリバウンドが怖いと言うけれど、炭水化物を食べない生活をしていると、それこそどこかでリバウンドしそう。そもそも基礎代謝が減ってる体なので、我慢しきれずにごはんやパンなどを少し食べてしまうと、それだけでもすぐ太ってしまう感じがする。なにしろ、基礎代謝が少ない「エネルギーを消費できない体」になってしまっているのだから。

炭水化物を食べないダイエットは不健康で無駄だと思う。

アートアクアリウム水槽の作り方 自宅で簡単! 癒しの空間!!



アートアクアリウムという金魚の展示を見たことのある人はいるだろうか。赤や青などの幻想的なライトアップで金魚を見せるイベントだ。ヒラヒラ泳ぐ金魚・・・。見たこともないような変わった形の水槽・・・。見所も満載な感じだが、やはり一番の魅力はそのライトアップだろう。

このアートアクアリウムの水槽。展示に魅せられた人の中には自宅で再現したいと思った人も多いだろう。そんな時に便利なのがテトラLEDクリスタルドームのような照明器具だ。

これさえあれば簡単に幻想的な水槽を作ることができる。作り方はいたって簡単。エアーポンプと照明をつなぎ、水槽の周りを暗くするだけ。エアーポンプから立ち上がる泡と共に、水槽を美しく演出してくれる。

 

表現の自由とイスラム教への侮辱

西洋の人間は風刺画は「表現の自由」だと言う。しかし、その「表現」は、イスラム教徒から見れば「ふざけるな!」と怒鳴りたくなる「侮辱」となる。

表現の自由と名誉毀損は西側の国でもしばしば衝突する。しかし、それ等の多くは法廷で争われ、「表現の自由」が勝つこともあれば、また逆に負けることもある。事実や公益を伴わない表現は、「表現の自由」とは認められなからだ。

ならば、フランスにしろデンマークにしろ、その国に住むイスラム教徒、あるいは弁護士が、風刺画を掲載した新聞社を訴えればいいのではないか?とも思う。

法律はあまり詳しくはないが、少なくとも日本で裁判になれば、こういった風刺画は「名誉毀損罪」や「侮辱罪」となり、「表現の自由」は認められないのではないか。

しかし、イスラム過激派はそういった穏便な方法はとらない。感情をむき出しにし、報復、オトシマエを取りにくるのだ。

西側の国はこの行為を「過激」だと言う。しかし、よく考えて欲しい。こういった恨みつらみの犯行は、実は日本や西洋でも日常茶飯事に起こっているのだ。

「彼女にバカにされた」、「子供に侮辱された」、「思わずカッとなって」・・・など。

銃を使ったか、ナイフを使ったか等の違いはあるが、これ等の犯行は全て「侮辱」に対する報復なのだ。

日本でも程度の差はあれ、いじめやハラスメントで相手を「侮辱」していることが多々ある。言った本人はそれほど気にも止めていないし、訴えられることも稀だから罪の意識もそれほど持っていない。しかし、言われた側、侮辱された側は、もしかしたそうは思っていないかもしれない。

つまり、何を言いたいのかと言えば、「相手をバカにしたり侮辱したりするのなら、それ相応の覚悟を持って言え」ということだ。

「侮辱した相手が翌日にナイフや銃を持って目の前に現れるかもしれない・・・」。そんな光景を想像し、また、そうなっても構わないと覚悟したうえで発言しろということ。こういうことを想像した上で発言している人は一体どれくらいいるだろう。多くはそんな覚悟もなしに、平然と、得意げに相手をバカにしているのだろう。

口は災いの元」とはよく言ったもので、不用意な発言で身を滅ぼす人はとても多い。口だけではなんとでも言えてしまうからだ。しかし、その発言には責任も伴うのだ。

「表現の自由」を声高に唱える人も多い。確かにその通りだと思う。しかし、相手を侮辱するような表現まで「表現の自由」として擁護すべきだろうか。

相手を傷つけてまであえてその「表現の自由」を貫くのなら、それ相応の覚悟をしなければならない。影響力の大きい新聞やテレビ、そこで「表現」を仕事としている人はなおさらだ。不測の事態になってからでは遅いし、誰も助けてはくれないのだから。

乃木坂46が乃木神社で成人式!? 乃木って乃木大将のことだったのね…

アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで新成人になる7人が乃木神社で成人式を行ったそうな・・・。

まてよ・・・。

乃木神社?

乃木神社・・・。

乃木坂46の「乃木」って、乃木大将のことじゃんΣ(゜д゜lll)

「乃木坂」ってなんとなくお洒落な響きがあるけれど、考えてみれば、あの乃木大将のことなんだよね・・・。

怖すぎる・・・。

最悪や・・・。

乃木大将って203高地で多くの味方を死なせた人じゃん (*´д`;)

その乃木大将が神として祀られているなんて・・・。

怖すぎる・・・。

おまけに、今や「乃木坂46」なんていうアイドルの名前になってる・・・。

アリエナイ・・・。ナイヨ・・・。ナサスギルヨ・・・秋元さん(;´Д`)



韓国ナッツリターンで高視聴率!? 嫌韓ニュース放送が下品すぎる件

最近、やたらと大韓航空のナッツリターン事件のニュースを目にする。個人的には、それほど重大なニュースか?と思うのだが、テレビ局はどこも連日この話題はかり。テレビ局は嫌韓層に媚を売れば視聴率が取れると思っているのだろうが、下心が丸見えであまりにも下品すぎる。

日本人は島国育ちのためか、とにかく視野が狭い。1度は海外に出て、自分が単なる「日本人」であることを自覚すべき。

日本人の多くは戦後の洗脳教育のためなのか、いまだに中国や韓国、朝鮮に対して差別意識を持っている。アメリカの黒人差別に対しては間違いだと感じているのに、韓国、中国に対する差別意識については「おかしい」と思っていない。これはかなり笑える話だ。

あと、最近のクールジャパン的な話題も鼻に付く。日本人はもっと現実を見るべき。クールジャパンと連呼して現実逃避していても、落ち目の三度笠であることに変わりはないのだから。

夜間の照明(ナイトライト)もアイデア次第で癒しの空間に!?



夜間の照明を豆電球から間接照明?みたいなやつに変えてみた。我ながらなかなかお洒落だと思う。アイデア次第で部屋の雰囲気も結構変わるもんだ。

夜間トイレによく起きる家族にも好評。廊下も明るくなってトイレまでの安全対策にもなったみたい。自分も時々寝付けなくなって暗い中ボケーっとしてることがあるけど、そんな時にこういう光を見ているとなんとなく癒される。

これで回転でもすればもっと良いのか?などとくだらないことを考えながら照明の光を見ていると、不思議と心が落ち着いてくる。人間、物思いにふけるにはこういう空間が必要なのかもしれない。

風邪、インフルエンザ対策には水槽が効果あり!?



冬の乾燥時期、部屋に1個の水槽があるだけで、風邪やインフルエンザを予防できるらしい。

水槽だけで?とは思うが、水槽の水が、いわゆる加湿器の役割を果たすようだ。つまり、一般的には風邪、インフルエンザ対策に加湿器を置くのだが、加湿器の代わりに水槽を置いても同じ効果が得られるというわけだ。

日本観賞魚振興会の実験によれば、「部屋に水槽を置き、蓋を半分ほどずらし、フィルターなどのポンプ(いわゆるブクブク)で水を循環させれば、部屋の湿度が60%以上になる」らしい。

となれば、加湿器を置くよりは水槽を置いたほうがインテリアとして良いかもしれない。加湿器をじっと見てても「癒し」にはならないが、金魚や熱帯魚なら心が和む。ましてや、流行の水草などを入れれば、もはや立派なインテリア水槽だ。

水槽は24時間フル稼働する気化式加湿器のようなもの。水槽は風邪、インフルエンザ対策には十分効果がありそうだ。