美味しんぼの鼻血描写、作者の勇気は非難されるべき?

週刊ビックコミックスピリッツ連載の漫画「美味しんぼ(1-110巻)」で、主人公の山岡士郎が福島第1原発を視察した際に出した原因不明の鼻血が「風評被害を助長する」として非難されている。

漫画「美味しんぼ」は"食の安全"を訴える漫画として広く認知されている。その内容に感化され、化学調味料などの使用を控えた人も多いことだろう。その食と健康の説教者でもある「美味しんぼ」が、原発や放射性物質の安全性に今一度疑問を投げかけたのだ。

山岡士郎の鼻血を見て、思わずはっとした人も多かったはず。放射性物質や被爆の健康への影響はまだ未解明な部分が多いが、それにも関わらず、今の日本は「原発被害は収束済み」という風潮になりつつある。被爆の影響など50年、100年経ってみなければ「安全です」とは断言できないはずなのに、何故か多くの人々が既に放射性物質について考えなくなっているのだ。

国は避難生活者に早期帰還を促しているが、これも同じこと。東京で生活している一般人の被ばく線量は年1ミリシーベルトなのに対し、何故か福島県民には年間20ミリシーベルトの土地に帰還を促している。原発事故の影響など50年、100年経ってみなければ「安全です」とは断言できないはずなのに、何故か根拠の乏しい「安全神話」によって帰還を進めようとしている。

帰還する人にしてみれば、安全なのか安全でないのかが「分からない」まま、これから生活していかなければならないのだ。

日本は臭い物に蓋をする風潮がある。日本は多くの問題を抱えているにも関わらず、"クールジャパン"などといって見て見ぬ振りをしている。放射性物質や被爆の影響もそれと同じで、風評被害なのか実際に被害があるのか「分からない」にも関わらず、多くの人が都合の悪い事から逃れようとしている。

原作者の雁屋哲は、多くの人が心の奥底では認めている「疑念」や「不安」を、主人公の「鼻血」という形で表現したのだ。

漫画に対する意見や感想は人それぞれだろう。しかし、都合の悪いことを言われたからといって非難を浴びせるのは、それこそクールではないし、クールジャパンではない。

□□□
福島で鼻血”描写で批判殺到の「美味しんぼ」 スピリッツが特集記事で識者の見解を掲載へ

美味しんぼ 110 (ビッグコミックス)
美味しんぼ 110 (ビッグコミックス)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック