じゃがいもでダイエット! 腹持ち良さもナンバーワン!!

アフリカの人は大腸などのお腹の病気が少ないらしい。なぜなら、主食が芋、じゃがいもだから・・・。

という話は、前々から聞いていた。

その話を聞いてからは、3日と開けずにじゃがいもを食べるようにはしている。おかげでお通じも快調。便秘などとは無縁の生活だが、じゃがいもは、なんとダイエットにもすこぶる効果があるのだとか。

最近は「じゃがいもといえばダイエット」ということらしい。じゃがいもでダイエット?と思うかもしれないが、じゃがいもの腹持ちの良さは色々な食品の中でもナンバーワンなのだとか。

確かにそれはある。ちょっと小腹が空いた時、コーヒーを飲みながらポテトでも食べればお腹はかなり満足する。でも、単に「腹持ちが良い食品」というだけでなく、科学的にもしっかりとダイエットに向いた食品であることが照明されている。

じゃがいもを食べると小腸から「満腹ホルモン」と呼ばれるコレシストキニンが分泌される

のだとか。つまり、ご飯を減らした分、じゃがいもを1個食べればお腹も減らないというわけだ。じゃがいもは単に食べ応えがあるだけではなく、きちんとした科学的な根拠、効能があったのだ。

また、じゃがいもは食物繊維が豊富で便秘解消に効果があることはご存知の通り。でも、他にも豊富なカリウムが高血圧の予防になったり、でんぷんに保護されたビタミンCが疲労回復に効果があったりと、まだまだあまり知られていない効能がいっぱいある。あと、じゃがいもはストレスで痛んだ胃の粘膜も保護してくれるのだとか。

つまり、じゃがいもパワー恐るべし!ってこと。ドイツ人もじゃがいもが主食と聞くし、日本人ももっとじゃがいもを食べたほうがいいのかもしれない。

□□□
過食や腸に、ジャガイモの2つの健康効果 【日経ウーマンオンライン】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック