白髪予防はビタミンF! 食生活にもっとDHAとEPAを!!

昔からわかめや昆布が髪に良いと言われていた。でも、それはもう過去の話なのかもしれない。

最近、よく「ω-3脂肪(オメガ3しぼうさん)」に関する記事をよく目にする。かつてはビタミンFと呼ばれていたビタミンであってビタミンではない油、必須脂肪酸のことだ。

必須脂肪酸とは、髪をはじめ、体の様々な組織を構成するうえで欠かせない物質。体内では合成できないため、食べ物から積極的に摂取していく必要がある。

必須脂肪酸は概ね「ω-6脂肪酸」と「ω-3脂肪酸」とに分けられ、白髪のメカニズムとの関係はまだ解明できていないけれども、タンパク質やミネラル、ビタミンA、B6、Eとともに、この必須脂肪酸も欠かせない物質だと考えられているらしい。

しかしながら、現代の食生活は、この必須脂肪酸である「ω-6脂肪酸」と「ω-3脂肪酸」の摂り方、食べ方に、大きなバランスの乱れがあるらしい。

「ω-6脂肪酸」と「ω-3脂肪酸」の望ましい摂取比率は1:1から4:1であるとされているが、今の食生活はその比率が10:1以上になっているのだとか。つまり、「ω-6脂肪酸」を摂り過ぎているというわけ。

それでは、素人考えでは、そのバランスを正すためにもっと「ω-3脂肪酸」を摂取すればいいじゃないかと思うわけだけれども、よくよく読むと、今の肉食中心の欧米化した食生活ではかなり難しいと思えてくる。

なぜなら、「ω-3脂肪酸」は主にサバやイワシなどの青魚(DHA・EPA)と、一部の食用油にしか含まれていないから。

普段使っている食用油(サラダ油)には「ω-3脂肪酸」はほとんど含まれていなく、「ω-3脂肪酸」を摂取するには、事実上、青魚を積極的に食べてω-3脂肪酸であるDHA・EPAを摂取する以外に方法が無いのだ。

つまり、魚を敬遠する現代の食生活では、この「ω-6脂肪酸」と「ω-3脂肪酸」の摂取バランスを正すことは事実上不可能というわけ。

青魚が嫌いな人(オレ)にとっての唯一の救いは、えごま油、あまに油、紫蘇油などに「ω-3脂肪酸(α-リノレン酸)」が多く含まれていること。でも、これらの油にも難があり、とても酸化しやすく、扱いを間違えればかえって健康を害することになってしまうのだとか。

これらの油は熱に弱いので熱を加えるのは厳禁。サラダのドレッシングなどで生で食べる必要があり、しかも、お値段が高い(150g程度で1000円)。おまけに、開封後は6週間以内に使い切ることが必須となる。

つまり、サバやイワシ、ブリなどの青魚の嫌いな人は、なんとかして青魚を克服するしか方法は無いのだ。

これら食生活の乱れを正すことが白髪予防と関係があるかは定かではない。しかしながら、このバランスを正せば心血管疾患のリスクが軽減されると言われている。よって、少なくとも健康には良い。

また、昔から「漁師さんには白髪が少ない」と言われているように、魚食と白髪予防には、何らかの因果関係があるに違いない。今回の特集記事を読んで、なんとなくそう思えるようになった。

ちなみに、サバ、イワシ、ブリなどの生臭さに耐えられない人は、缶詰でもOKだとか。缶詰なら臭いもなく、煮汁にはω-3脂肪酸(DHA、EPA)もたっぷり入っているらしい。

まあ、煮汁までは飲む気になれないのだけれども・・・。

この記事へのコメント

2014年02月11日 16:38
幅広いジャンルについて、細かく記載されていて楽しく拝見しております。
私は白髪対策のブログを書いているのですが、ブログの参考と、個人的な楽しみとして今後もこちらのブログを拝見させていただきます。
http://whitehair-cure.seesaa.net/article/387776418.html

この記事へのトラックバック