杏演じるベラの色気と台詞 妖怪人間ベムは規格外のドラマ!

ドラマ「妖怪人間ベム」のベラ役、の怪演に興奮が止まらない。久々に電気が走った・・・。別にMじゃないけど。

「~かい」、「~んじゃないよ」、「~じゃないか」。

なんか規格外。ドラマ見た人なら分かるはず。杏くん、君は最高だ。凄い俳優になるよ。うん。あのベラの台詞回し、語尾の言い回しは、しばらくは頭から離れそうもない感じだ。

それにしてもこのドラマ、かなりダークネスというか哀愁がある。人間になりたくても人間になれない獣の哀しさというか。原発周辺に置き去りにされた犬や猫、牛などの動物も、そんなやるせない気持ちだったんだろうね。原作は漫画?アニメ?だけど、下手なドラマよりずっと見応えがある。ベムの亀梨和也もいい感じで影が出てるし。

とはいえ、ヒロインはやっぱりベラの杏。杏と言えば「渡辺謙」な感じで、女優としてはそれほど注目してこなかったけれど、彼女、かなり良い気がする。最高。というか、ベラのような設定がハマリ役なのかも。ドSというかツンデレというか・・・。

色気と怖さと優しさと。

普段は愛想が無いのに、誰よりも仲間思いで優しい心を持っている・・・。こういう設定だけでもう勝ちって感じ。ベラを演じてる杏って可愛らしさがあるよね。こういう役がまさにはまり役って感じ。

日本テレビは怪物くんとか両さんとか懐かしのアニメを実写化してるけど、このベムはCGやFXメイクも凄いし、かなり当たりだったんじゃないかな。

P.S. 石橋杏奈の小春もグッド!(*´ω`)b

 
LIGHTS

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック