坂の上の雲 菅野美穂の泣き顔と本木雅弘の凛々しさと

ドラマ「坂の上の雲」を見て思うこと。NHKの大河ドラマ、もしかして本命はこっち?

本木雅弘、香川照之、菅野美穂、阿部寛と、主演もそうそうたるメンバーでなんとも凄い。ドラマも3年越しの放送になるようだし、ストーリーも4人の人生をそれぞれ描いていきそうで脚本も凄そう。この力の入れようはどうだろう、ちょっと凄すぎないかい?

夜更けて米とぐ音やきりぎりす

俳人、正岡子規を主役にしているという点でも個人的には興味深い。それに加え、その友人にあのロシアのバルチック艦隊を破った参謀がいたというのだから驚き。さらに付け加えるなら、地元の公園にある戦艦「三笠」が登場するというローカルなワクワク感。個人的にはかなり興味深いドラマだ。

ドラマで印象的なのが、本木雅弘の凛々しさ。あの海軍の白い軍服をまとった姿はどうだろう・・・。かつてのモックンがここまでの俳優になろうとはね・・・。映画「おくりびと」の賞賛もあってか、画面に登場するだけでかなりの存在感。花形役者の色気ムンムンだ。

そしてもう1人、その秋山淳五郎、淳さんに思いを寄せる「リーさん」こと正岡律、菅野美穂だ。秋山への想いを隠し、ただ「兄を守って」と頼むシーン、菅野美穂のあの目まぐるしく変わる表情、泣き顔には正直引き込まれた・・・。菅野美穂ってここまで芝居上手かったっけ?って。

ドラマが3年越しというのがなんとも残念。司馬遼太郎の原作がいかに優れているかということもあるだろうけど、野沢尚の脚本のおかげという面も大分にあるのだろうね。。NHKもこれだけ密度の濃い濃縮した人間ドラマを作れるのだから、大河ドラマや連続テレビ小説なども、もう少しその放送形態を再考すれば良いのに、とも思う。

それにしても、菅野美穂って・・(´ω`*)

□□□
「命かけてる」NHK「坂の上の雲」主演・本木雅弘【asahi.com】
菅野美穂、本木雅弘と香川照之の仲の良さに嫉妬【マイコミジャーナル】

 
新装版 坂の上の雲 (1) (文春文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック