民主党キャッチコピー「政権交代」はデーブ・スペクター案だったらしい

民主党の名文句「政権交代。」は、実はデーブ・スペクター氏による発案だったらしい。なんでも、スペイン国王の晩餐会で鳩山さんに会ったスペクターさんが、「『国民の生活が第一。』では自民も公明も使いそうな文句で抽象的すぎる。民主党しか使えず、国民から最も期待されている文句『政権交代』を使うべき」と進言したのだとか。

事実、公明党の「生活を守り抜く。」も、社民党の「生活再建」も、同じようなニュアンスの中で埋もれてしまった感じ。また、デーブ氏曰く、「自民党は『新・自民党』にすべきだった。国民が最も疑問視している『責任力』を宣伝文句に持ってくるのは、自らの危機意識の無さを露呈しているだけだった」と厳しいお言葉。デーブ・スペクター、恐るべし・・・。

「政権交代」は「チェンジ」並みの説得力。

さすがは横文字文化圏のお人、考える事がお洒落です。オバマ米大統領が「チェンジ!」なら、鳩山総理には日本人らしく「政権交代!」がお似合いってところでしょうか。

前回は小泉さんが「自民党をぶっ壊す。」で風・・・。今回は鳩山さんが「政権交代。」で民主に風を持ってきた形。どうやら、選挙には覚えやすく説得力ある宣伝文句、キャッチコピーが大事なようです。

□□□
鳩山由紀夫ホームページ
民主党関連ニュース 【毎日新聞】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2009年09月06日 22:51
 今回の選挙は民主党が圧勝して、政権を執ることになりましたが、個人的には、16年前の連立与党のようにならないかどうかが気になります。
2009年09月08日 00:28
旧社会党はその後衰退していってしまいましたよね・・・確か。民主党も同じようにならないとも限らないし、とりあえずは政策を1個1個やっていってもらいたいところです。。
「イラ菅」と呼ばれる菅さんVS霞ヶ関の攻防が面白そうな感じです!( ゚∀゚)o彡゚

この記事へのトラックバック