アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「築地市場」のブログ記事

みんなの「築地市場」ブログ


石原VS小池都知事! でも負けは築地市場!?

2017/03/03 17:37
豊洲市場の問題はなんだか食の安全うんぬんではなく、小池都知事と石原元都知事の喧嘩のような感じになってきた。厚化粧と言われたのがよほど悔しかったのか、石原元都知事は小池さんから「敵」としてロックされたみたい。

そもそも、この豊洲のベンゼン問題。小池都知事が都の役員や議会を黙らせるためにぶち上げたように思える。小池さんは「敵」を作ることで人気を得てきたようだけど、今回の豊洲市場問題も、都知事として都政を自分の思い通りに進めるために、反対勢力を「敵」として世間に知らしめたように思える。

豊洲市場の問題は、都知事が問題を公表しなければそのまますんなりと移転していたに違いない。盛り土の問題やお金の問題など、隠しておいた方が良い問題だとは思わないけれど、これが仮に食の安全にそれほど影響が無いことが分かり、それならば移転しましょうとなった時、これまでの報道で世界中に根付いた疑念や風評はどう処理するのだろう。

もし小池都知事が政治的な理由で豊洲を利用したのなら、その責任は重いと思う。一番被害を受けているのは築地で働いている人々だし、これまで培ってきた築地というブランドを壊してしまったのだから。ここまでケチが付いてしまうと、いくら安全ですとアピールしたところで、豊洲は築地のようなブランド力は持てまい。

見方を変えれば、東京の都知事が自ら築地、東京の風評被害を生み出してしまったとも言える。小池都知事はこの問題をどう解決するのだろう。このまま豊洲に移転する気なのだろうか・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豊洲ベンゼン市場問題、安全面では築地に比べ魚介類は安全と言えるのか!?

2016/09/11 20:49
豊洲の移転問題。

「築地市場が老朽化したから新しい場所へ移転する」 

「築地市場が狭くなったからもっと広い場所へ引っ越しをする」 

こう聞くと至極当然、当たり前のように聞こえる。でも、蓋を開けてみれば・・・

「新しい場所は東京ガスの工場跡地で土壌、地下水の汚染がありました」 

「土壌汚染対策に5メートルほど盛り土しましょう。あ、建物の下は忘れてました。すみません」

などという間抜けな展開。なんのこっちゃ・・・って話。

そもそも、生もの、生鮮食品を扱うにも関わらず、土壌汚染、地下水汚染って、アリエナイだろ・・・。

呆れるばかりだ。

これじゃ何のために移転するのか分かりゃしない。まぐろ店からは「狭くてまぐろ包丁が使えない」なんて声も。

おまけに、ベンゼンなどの土壌汚染で築地ブランドも機的状況・・・。「新鮮」はおろか「安全」でさえも疑問符が付くようになった。

東京都は必死に言い訳じみた調査をしているみたいだけれども、ベンゼンが発がん性物質であることに変わりはない。その危険度は厚生労働省も認めている。

また、かつて栄養ドリンクの問題でも「ベンゼンはなかなか壊れないため、体内で異物となってぐるぐる巡り、特に造血器官である骨髄に悪影響をもたらして白血病を起こすと考えられている」と報道されていた。

つまり、豊洲市場はオープン前にも関わらず、もっとも根幹となる「安全問題」でケチがついてしまったわけだ。

築地市場は観光地としても人気だったのに・・・。

わざわざ築地ブランドを捨てるか? 

全くもって間抜け・・・で、不毛な移転だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「築地市場」ブログ

Healthy Talk 築地市場のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる