アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康」のブログ記事

みんなの「健康」ブログ


内視鏡検査は胃と大腸、一緒にやったほうが楽でおすすめ!?

2016/10/17 18:56
今回、初めて胃と大腸の内視鏡検査をいっぺんにやった。時間にして30分あまり。意外と簡単で楽だった。

胃カメラは食事抜くだけなので楽。でも、どうせ胃カメラで食事抜くなら、大腸も一緒にやってしまったほうが手間がかからない。もっとも、大腸の場合は2Lのニフレック(下剤)を飲まなければならないのだけれど。

ニフレックも人によっては気持ち悪くなるらしい。自分は幸運なことに旨くはないけど普通に飲める。飲みやすくするには冷やすといいとは聞くけれど、冬などは冷やすとかえってお腹が大変なことになるんじゃないだろうか。

ニフレック。実は気持ち悪くて飲めない人は3時間でも4時間でもかけて少しづつ飲めばいいのだとか。無理して2時間で飲む必要は無いらしく、ぶっちゃけ全部飲まなくても便に固形物が無ければOKらしい。自分も大抵1.5リットルぐらいしか飲んでいない。

いつもの病院の胃カメラは異様にぶっとい。最新の内視鏡カメラはもっと細いんじゃないの?と言いたくなるくらいぶっとい。それを喉の麻酔だけで飲むものだから毎回こっちは必死な形相。ここの病院は大腸カメラもぶっとい。他の病院の大腸カメラはどのくらいの太さなのかは分からないけれど、大学病院なんだからそろそろ最新の機械にしてほしいなあとも思う。

胃カメラも大腸カメラもその日に概要は教えてくる。でも、1週間後の正式な診察がドキドキもの。ほんと、心臓に悪い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一人暮らしに便利な食事宅配! 栄養バランスも安心!!

2016/04/15 19:56
コンビニ弁当は論外だが、スーパーやデパ地下の弁当もあまり健康的とは言えない。何故なら栄養バランスやカロリーは二の次で、いかに売れるかが優先されているから。肉だらけで野菜があまり入っていなかったり、揚げ物だらけであとはお新香だけだったりと、かなりお粗末な弁当をよく見かける。

中でも、全体的に言えるのが「味付けの濃さ」。美味しければ良いと、塩分はほぼ無制限に使われていたりする。食べてみると確かに美味しいが、一体何グラムの塩や醤油が使われているんだ?と心配してしまう弁当もある。コンビニの弁当など、思わず「殺す気か?」と思ってしまうほどだ。

飼ってる犬や猫の塩分は心配するのに、自分が食べる塩分には全く無関心な人が多い・・・。驚きだ。

自分で食事を作れる人はいい。そういう人は栄養についても多少の知識を持っているし、料理もおのずとそういう点に気を付けるようになる。でも、たとえ料理が出来たとしても、毎日疲れて帰ってきて、さらに料理をするのは時間的にきつい人もいるはず。そんな人に便利なのが、食事を宅配してくれる配食サービスだ。

日清医療食品の配食サービス「食卓便

このサービス、7食分のおかずを冷凍で宅配してくれる。料理は全て管理栄養士によるバランス栄養食。ごはんは無いので別にチン飯か炊飯器を用意する必要はあるが、冷凍なので早朝だろうが深夜だろうが食べたい時にいつでも食べられる。何より、「保存の効く弁当」という点が何より便利だ。

朝や昼はジャンクな食事でも、夜ぐらいはまともな食事をしたい・・・。そんな人にぴったりな食事宅配サービスだ。ダイエットしたい人にとっても、食べるだけでおのずダイエットできてしまう理想的な健康食だ(まあ、運動は必要だろうけど)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


愛用のマーガリンがトランス脂肪酸3%含有だった件

2016/03/07 22:53

Toast / Christopher.Michel


朝は毎日パン。トーストしてもしなくてもマーガリンを塗って食べている。マーガリンは雪印の「ネオソフトべに花」というマーガリン。“べに花”がなんとなく体に良さそうに感じていた・・・。

しかし・・・。

雪印によれば、ネオソフトべに花のトランス脂肪酸は3%含有とのこと。

100gにつき3gのトランス脂肪酸。食パン1枚に10gのマーガリンを塗ったとして、0.3gのトランス脂肪酸を摂取することになる。

WHO、FAOによる勧告では、「トランス脂肪酸の1日の摂取量は総エネルギー摂取量の1%未満にすべき」とされている。

これは、成人男性の1日のエネルギー摂取量を2000キロカロリーとすれば、トランス脂肪酸の1日の摂取量は2g未満が目標となり、成人女性の1日のエネルギー摂取量を1600キロカロリーとすれば、トランス脂肪酸の1日の摂取量は1.6g未満が目標となる数値だ。

つまり、男性も女性も1日あたりのトランス脂肪酸の摂取量は2g未満にする必要があるというわけだ。

となると、マーガリンで摂取するトランス脂肪酸の量0.3gはそれほど多い量とは言えない。しかしながら、トランス脂肪酸は毎日使う植物油や、牛肉などの肉類、ビスケットやチョコレート、スナック類など、いろいろな食材に含まれている。

牛肉のロースやサーロインなどは100g中0.5〜1gのトランス脂肪酸が含まれている。仮に200gの牛肉を食べたとしたら、それだけで1日の摂取量を超えてしまう計算になるのだ。

となると、毎日食べるマーガリンには極力トランス脂肪酸などは含有させてほしくなない。実際、同じ「べに花」でも、創健社の「べに花ハイプラス」はトランス脂肪酸を0.5%しか含有していない。これは雪印の1/6の含有量だ。

この創健社のマーガリンなら、仮に毎日10gのマーガリンを食パンに塗ったとしても、トランス脂肪酸の摂取量は0.05gにしかならない。

今後は創健社のほうの「べに花」にしようと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


炭水化物を食べないダイエットは不健康だと思う件

2015/04/25 00:30
ダイエットなのか、健康のためなのか、はたまたビール腹になるのが嫌なのか、炭水化物を摂らない人がいる。だけど、栄養学的に言って、炭水化物を抜いてしまって、どうやって必要カロリーを満たす気なんだろう。

炭水化物は人間のエネルギー源として最も大事なはず。それを食べないで、どうやってエネルギーを確保するのだろう。蛋白質や油を大量に摂ってエネルギーとしているのだろうか。それもと、酒やビールをごはん代わりとする気なのだろうか。

肉食動物は肉や魚を食べてエネルギーにしているのだから、人間だってそれは可能なのだろう。でも、そんな食生活は果たして健康的と言えるだろうか。それこそ肉食動物みたいで長生きできるとは思えない。それとも、肉や魚の食べる量は増やさずに、油やお菓子類も食べず、1日の総カロリーが1,000キロカロリー以下になったとしても、その食事で我慢しているのだろうか。

家でじっとしているのならまだしも、普通に生活していて1日1,000キロカロリー以下なんて生活をしていたら確実に不健康になると思う。なにしろ、そんな生活をしていたら痩せて筋肉量も減り、基礎代謝の少ない体になってしまう。基礎代謝が減れば確かにエネルギーを必要としない体に改造できるとは思うが、まさに「もやし」みたいな不健康な体になってしまう。

ビールも飲んで、ごはんも300、400グラムも食べるのは論外だけれども、一般男性であれば1食200〜250グラムぐらいごはんを食べたって何の問題もない。女性だってそのくらい食べてもさほど問題はないだろう。ダイエットしたいなら1食150グラム程度に抑えれば、何もしなくたって自然に痩せていく。

よくダイエットでリバウンドが怖いと言うけれど、炭水化物を食べない生活をしていると、それこそどこかでリバウンドしそう。そもそも基礎代謝が減ってる体なので、我慢しきれずにごはんやパンなどを少し食べてしまうと、それだけでもすぐ太ってしまう感じがする。なにしろ、基礎代謝が少ない「エネルギーを消費できない体」になってしまっているのだから。

炭水化物を食べないダイエットは不健康で無駄だと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


風邪、インフルエンザ対策には水槽が効果あり!?

2014/10/14 20:46


冬の乾燥時期、部屋に1個の水槽があるだけで、風邪やインフルエンザを予防できるらしい。

水槽だけで?とは思うが、水槽の水が、いわゆる加湿器の役割を果たすようだ。つまり、一般的には風邪、インフルエンザ対策に加湿器を置くのだが、加湿器の代わりに水槽を置いても同じ効果が得られるというわけだ。

日本観賞魚振興会の実験によれば、「部屋に水槽を置き、蓋を半分ほどずらし、フィルターなどのポンプ(いわゆるブクブク)で水を循環させれば、部屋の湿度が60%以上になる」らしい。

となれば、加湿器を置くよりは水槽を置いたほうがインテリアとして良いかもしれない。加湿器をじっと見てても「癒し」にはならないが、金魚や熱帯魚なら心が和む。ましてや、流行の水草などを入れれば、もはや立派なインテリア水槽だ。

水槽は24時間フル稼働する気化式加湿器のようなもの。水槽は風邪、インフルエンザ対策には十分効果がありそうだ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


デング熱は乳児と高齢者は注意! 妊娠に影響なし!

2014/09/07 17:15

... was a japanese summer - IMGP0446 / chez_sugi


デング熱は必要以上に不安になる必要は無い。しかし、免疫力の低い乳児や高齢者は注意したほうがいいらしい。

それなら、同じく免疫力が落ちている妊婦などはどうなんだろう?

デング熱の本場?のシンガポールなどでは、妊娠していても母体あるいはお腹の赤ちゃんに影響は与えないと考えられているようだ。

1. 妊娠によってデング熱がより重くなったという報告はない。
2. デング熱によって流産や早産が引き起こされたという報告はない。
3. デング熱がお腹の赤ちゃんに先天的な奇形や異常を引き起こしたという報告はない。

とりあえず一安心・・・。しかし、デング熱に感染すれば、高熱や頭痛、全身倦怠感などで苦しむことには変わりないので、やはり蚊に刺されないよう注意することが大切なようだ。

□□□
デング熱  国内感染に備え怠るな 京都新聞
妊娠中にデング熱にかかったらどうなるのでしょうか? ラッフルズ ジャパニーズクリニック
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


美味しんぼの鼻血描写、作者の勇気は非難されるべき?

2014/05/03 15:10
週刊ビックコミックスピリッツ連載の漫画「美味しんぼ(1-110巻)」で、主人公の山岡士郎が福島第1原発を視察した際に出した原因不明の鼻血が「風評被害を助長する」として非難されている。

漫画「美味しんぼ」は"食の安全"を訴える漫画として広く認知されている。その内容に感化され、化学調味料などの使用を控えた人も多いことだろう。その食と健康の説教者でもある「美味しんぼ」が、原発や放射性物質の安全性に今一度疑問を投げかけたのだ。

山岡士郎の鼻血を見て、思わずはっとした人も多かったはず。放射性物質や被爆の健康への影響はまだ未解明な部分が多いが、それにも関わらず、今の日本は「原発被害は収束済み」という風潮になりつつある。被爆の影響など50年、100年経ってみなければ「安全です」とは断言できないはずなのに、何故か多くの人々が既に放射性物質について考えなくなっているのだ。

国は避難生活者に早期帰還を促しているが、これも同じこと。東京で生活している一般人の被ばく線量は年1ミリシーベルトなのに対し、何故か福島県民には年間20ミリシーベルトの土地に帰還を促している。原発事故の影響など50年、100年経ってみなければ「安全です」とは断言できないはずなのに、何故か根拠の乏しい「安全神話」によって帰還を進めようとしている。

帰還する人にしてみれば、安全なのか安全でないのかが「分からない」まま、これから生活していかなければならないのだ。

日本は臭い物に蓋をする風潮がある。日本は多くの問題を抱えているにも関わらず、"クールジャパン"などといって見て見ぬ振りをしている。放射性物質や被爆の影響もそれと同じで、風評被害なのか実際に被害があるのか「分からない」にも関わらず、多くの人が都合の悪い事から逃れようとしている。

原作者の雁屋哲は、多くの人が心の奥底では認めている「疑念」や「不安」を、主人公の「鼻血」という形で表現したのだ。

漫画に対する意見や感想は人それぞれだろう。しかし、都合の悪いことを言われたからといって非難を浴びせるのは、それこそクールではないし、クールジャパンではない。

□□□
福島で鼻血”描写で批判殺到の「美味しんぼ」 スピリッツが特集記事で識者の見解を掲載へ

美味しんぼ 110 (ビッグコミックス)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スコッティのティシュ(フラワーボックス)はパルプ100%ではない?

2014/04/05 15:56


スコッティ・フラワーボックス(160枚組)のティッシュが変・・・。ゴワゴワしてて手触りもツルツル・・・。口を拭くのをためらうぐらいだ。

よく見たら、箱のどこにもパルプ100パーセントとは書いていない。それどころか、次のように書かれている・・・。

この商品の主原料はパルプです。一部に高品質パルプからできた紙パックを原料として使用しています。


つまり、このティッシュはパルプ100パーセントではないということだ。回りくどい表現だけれども、紙パックとは、おそらく牛乳パックのことを言っているのだろう。

スコッティ (scottie) は日本製紙グループの日本製紙クレシアが販売しているティッシュペーパー。つまり、品質は折り紙つきのティッシュだと思っていた。でも、このティッシュはマクドナルドの紙ナプキンに近いものがある・・・。

ティッシュは枚数がどんどん減るうえに、品質もパルプ100パーセントは望めない時代になっているのかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ノロウイルスの予防は加熱、手洗い、塩素消毒でOK?

2013/12/04 01:42
ノロウイルスの予防には手洗い、食品の加熱、調理器具の塩素消毒が有効。でも、意外な盲点となっているのが、ドアノブや水道の蛇口の消毒、タオルのまめな交換なのだとか。

手洗いやうがいを欠かさず、食品もしっかり加熱、包丁やまな板も塩素で消毒しているのに、何故かノロウイルスに感染する人がいるらしい。そういう人の多くは、手洗い後のタオルや水道の蛇口、ドアノブなどから二次感染しているのだとか。

個人的にはタオルのまめな交換・・・が耳の痛いところ。ドアノブ、水道の蛇口の消毒に至っては、ほとんど気にもしていなかった。よくドアノブの消毒をするような人は潔癖症すぎるって言われるけれど、ノロウイルスに関して言えば、案外そうでもないようだ。

ドアノブや水道の蛇口の消毒には包丁やまな板と同様、ハイターやブリーチを0.02パーセントで薄めた次亜塩素酸ナトリウム消毒液(水500ml+原液小さじ1/2)を使えばいいらしいが、ドアノブなどは洗い流せないので、サビ防止のためにも後で水拭きをする必要があるようだ。

タオルに関しては、まめに交換するか、紙タオルなどを使えば良いと言っていた。でも、紙タオルを使い捨てで使うよりは、ジェットタオル?のようなハンドドライヤーもかなり安くなっているので、一般家庭とはいえ設置してみるのもアリかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


じゃがいもでダイエット! 腹持ち良さもナンバーワン!!

2013/11/07 18:19
アフリカの人は大腸などのお腹の病気が少ないらしい。なぜなら、主食が芋、じゃがいもだから・・・。

という話は、前々から聞いていた。

その話を聞いてからは、3日と開けずにじゃがいもを食べるようにはしている。おかげでお通じも快調。便秘などとは無縁の生活だが、じゃがいもは、なんとダイエットにもすこぶる効果があるのだとか。

最近は「じゃがいもといえばダイエット」ということらしい。じゃがいもでダイエット?と思うかもしれないが、じゃがいもの腹持ちの良さは色々な食品の中でもナンバーワンなのだとか。

確かにそれはある。ちょっと小腹が空いた時、コーヒーを飲みながらポテトでも食べればお腹はかなり満足する。でも、単に「腹持ちが良い食品」というだけでなく、科学的にもしっかりとダイエットに向いた食品であることが照明されている。

じゃがいもを食べると小腸から「満腹ホルモン」と呼ばれるコレシストキニンが分泌される

のだとか。つまり、ご飯を減らした分、じゃがいもを1個食べればお腹も減らないというわけだ。じゃがいもは単に食べ応えがあるだけではなく、きちんとした科学的な根拠、効能があったのだ。

また、じゃがいもは食物繊維が豊富で便秘解消に効果があることはご存知の通り。でも、他にも豊富なカリウムが高血圧の予防になったり、でんぷんに保護されたビタミンCが疲労回復に効果があったりと、まだまだあまり知られていない効能がいっぱいある。あと、じゃがいもはストレスで痛んだ胃の粘膜も保護してくれるのだとか。

つまり、じゃがいもパワー恐るべし!ってこと。ドイツ人もじゃがいもが主食と聞くし、日本人ももっとじゃがいもを食べたほうがいいのかもしれない。

□□□
過食や腸に、ジャガイモの2つの健康効果 【日経ウーマンオンライン】
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
白髪予防はビタミンF! 食生活にもっとDHAとEPAを!!
昔からわかめや昆布が髪に良いと言われていた。でも、それはもう過去の話なのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/10/06 21:59
長生き、長寿の秘訣は減塩、低たんぱく食の健康食?
肉食動物の寿命が短いように、人間も肉や魚、あるいは大豆など、たんぱく質を摂り過ぎることは体によくないのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/17 20:54
新型インフルエンザ、診察拒否は至極当然のこと 連絡先は保健所?
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)を巡り、発熱などのある患者が医療機関から診療を拒まれるケースが多発しているらしい。でも、それって至極当然のことじゃない? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/06 23:36
バストアップにはアイソメトリックス体操?
バストアップにはアイソメトリックスと呼ばれる体操が有効らしい。なんでも、胸の前で手を合わせ、10秒ぐらい強めに押すのだとか(胸のアイソメトリックス)。これだけで十分バストアップになるというのだからほんと驚きだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/01/31 17:25
お部屋のインフルエンザ対策に「ウィルシールド」!
お部屋のインフルエンザ対策に「ウィルシールド」! 新型インフルエンザの発生がまことしやかに囁かれている今、街のドラックストアでは、マスクと共に「ウィルシールド」なる商品が人気となっているらしい。なんでも、このウィルシールドを部屋にポンと置いておけば、風邪ウイルスはおろか、新型インフルエンザをも撃退、除菌してくれるのだとか・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 13:13
熱帯夜を快適に寝る方法 エアコンをつけて・・・窓も開ける!
エアコンを付けっぱなしで寝るのは体に良くなさそう。でも、暑い夜にエアコン無しで寝るのはもっと体に良くなさそう・・・。そんな時におすすめなのが、クーラーを付けて、窓も開けて寝る方法です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 23:02
加湿空気清浄機でハウスダストやニオイを強力除菌!
加湿空気清浄機でハウスダストやニオイを強力除菌! シャープの加湿空気清浄機『KC-35C1/KC-51C1』。除菌イオン搭載の空気清浄機に加湿機能を加えた新しいタイプの空気清浄機で、「加湿+除菌イオン」の相乗効果で空気を浄化するスピードは従来の約2倍、脱臭スピードに至っては約3倍の威力を発揮するそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 12:38
肝油ドロップでビタミン・カルシウム補給!
肝油ドロップでビタミン・カルシウム補給! カワイ 肝油ドロップ C20 黄色い缶、青いふた、子供の笑顔・・・でお馴染みのカワイの肝油ドロップ。最近久々に見て懐かしいと思ったら、新たに「緑」と「青」の大人向けラインナップが加わったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/20 00:03
食品や化粧品に入っているトレハロースってなに?
食品や化粧品に入っているトレハロースってなに? TREHAweb トレハウェブ 近年にわかに注目を浴びているトレハロース。しかし、一体全体トレハロースってなに?って話なんですが、公式サイトなどによれば、トレハロースとはキノコや海草など自然界に広く存在する糖質のことで、とても保水力に優れている天然糖質だそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/15 20:45

トップへ | みんなの「健康」ブログ

Healthy Talk 健康のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる