アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ゲーム」のブログ記事

みんなの「ゲーム」ブログ


ポケモンGOは国が規制すべき? 車も自転車もプレー禁止、強制停止!?

2016/11/01 20:26
ポケモンGOはある意味「社会悪」。これだけ死亡事故を起こしているのだから、もはや反論の余地は無いだろう。

普通、これだけ重大な事故を起こしかねないと見なされた場合、開発元の会社がそれなりの対策を考えるもの。しかし、開発元のナイアンティックは、歩きスマホの注意喚起、車や自転車を想定した速度制限をかけているだけ。強制的な禁止や停止まではかけていない。

となると、国や自治体が法律や条例を作って強制的に禁止すればいいのでは?とも思うが、これも国のやること、反応がすこぶる遅い。

車の運転などは、他にも以前から高齢者の事故が問題となっているが、この問題でさえ国はほとんど何の対策もとっていない。責任逃れ程度に高齢者講習を設けているだけだ。

日本という国は、どういうわけか犯罪に対しての罰則が甘い。飲酒運転もそう。いじめ問題やストーカー事件にしても、いじめる側、ストーカーに罪の意識が無いというよりは、見せしめになるほどの罰則、末路が無いためだ。

歩きスマホも注意喚起はするが、罰則が無い。だから歩きスマホは後を絶たない。ならば、警察官なり、委託業者が、見つけ次第罰金を徴収するようにすればどうなるだろう。

駐車禁止が委託業者によって積極的に取り締まられるようになって減少しているように、歩きスマホも減少するのではないだろうか。なにしろ、歩きながらスマホをするだけで、1万、2万と、見つかり次第どんどんと罰金として徴収されてしまうのだから。

車や自転車を運転しならがらポケモンGOをプレーすることについては、警察も積極的に取り締まっているようだが、車の数を考えればほとんど焼け石に水。抑止力にはなっていない。これについてはいくら罰金を設けたところで違反する者は後を絶たないだろう。となれば、やはり法律によって縛る他はない。

今後、ポケモンGOと似たような歩きスマホ、運転中スマホを助長するようなゲームがどんどん登場してくるだろう。しかし、運転中スマホを禁止する法律さえあれば、開発元も運転中はプレーを強制停止させる機能を付けざるをえなくなる。

ポケモンGOの問題、運転中スマホによる死亡事故は、結局のところ、国による強制的な規制しか防ぐことはできない。日本人、人間は、マナーなど守らないのだから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポケモンGO効果!? 歩いて散歩して体脂肪が「少ない」に!

2016/08/19 19:39
いい大人がポケモンGOなんて・・・。

自分は、どちらかと言えばそっち側の人。

でも、体重計は嘘をつかない。今まで「標準」だった体脂肪が、なんと、「少ない」に変化してるではないか・・・。

ポケモンGOのおかげとは思いたくない。でも、他に理由が見当たらない。

確かに、最近無駄に歩いている気がする・・・。

スーパーでもコンビニでも、頼まれればどこにでも行くバカなオレ・・・。

人間はやはり収集癖があるのだろう。頭では「ポケモンなんて集めたところで何になる?」と分かってはいるのだが、ついつい新しいポケモンをゲットしたくなる。「そっちは脇道ですよー!」と自分にツッコミ入れたいぐらいだ。

ビール飲んで揚げ物食べてウイスキー飲んで、体脂肪が「少ない」と出るのだから、これはもう、れっきとしたダイエットマシン、ゲームと呼ぶべきだろう。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


レッドクリフより面白いかも? 真・三国無双4 Empires

2008/12/27 00:52
KOEI The Best 真・三國無双4 Empiresレッドクリフを見て再び「三国志」に目覚める・・・。目覚めると言っても、目覚めたのはゲームのほうの「三国志」だけど。

そもそも自分が三国志を知ったのは小学生の頃。友達に貸してもらった小説(岩波少年文庫「三国志 上・中・下」)を読んでえらく感動したのがきっかけで、以来、ずっと三国志フリークだったりする。といっても、少年文庫程度の知識だけとね。

三国志って、かなり有名なのに今まで大きな映画やドラマになってこなかったんだよね。この辺がちょっと不思議だけど、ジョン・ウー監督がついにやってくれました。映画「レッドクリフ」、内容的には賛否両論あるんだろうけど、自分はそれなりに楽しめました。オーバーアクションは相変わらずだったけどね。

でも、そのおかげか久々にまた三国志熱が燃え上がってしまった・・・。この燃えたぎる炎はどこかで消費せねばならん・・・ということで、久々に三国無双を購入。暇を見つけては今ちまちまとプレイしてます。が、

この「三國無双 Empires」ってやつ、かなり面白いです。

はるか昔に初代の三国無双をやって失望した記憶があったけど、さすがは三国志のコーエーさん、その時とは格段にレベルアップしていました。初代の三国無双はただ敵を倒しまくるだけのゲームでしたが、Empiresシリーズではパソコン版のようなシュミレーション要素が加わった模様。飽きやすい自分がまだやってるので、これはかなり面白いゲームなのかも・・・。

昔はNHKの大河で三国志をやらないかなぁなんて本気で思ってたんですけどね。劉備玄徳(中井貴一)、関羽雲長(緒形拳)、張飛翼徳(西田敏行)、諸葛亮孔明(東山紀之)、超雲子竜(真田広之)のようなキャスティングでね。まあ、子供の妄想プレイですなw

□□□
1分で分かる「三国志」 【三国志特集】
真・三國無双 4 Empires 【KOEI】
レッドクリフ Part I 【Yahoo!映画】
レッドクリフで小説“三国志”も大人気?【Melody Talk】

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


エウレカ、真ゲッターロボも! ロボットアクション「A.C.E.3 THE FINAL」

2007/09/01 20:54
アナザーセンチュリーズエピソード3 ザ・ファイナル 特製ビジュアルブックレット「A.C.E. ULTIMATE LIBRARY」付きアナザーセンチュリーズエピソード3 ザ・ファイナル(特製ビジュアルブックレット付き)

PS2のロボットアクションゲーム「Another Century's Episode(通称 A.C.E.)」。ガンダムやマクロス、エウレカセブンといった人気アニメに登場する数々のロボット、その機体を自由に操作することができてしまうという、ファンにとってはまさに涙モノのゲームです。シリーズ最新作では新たな機能をプラス、戦闘中にボーカル付きのアニメ主題歌が流れるようになりました。

公式サイトによれば、流れるボーカル曲は全部で15曲。景山ヒロノブ、鮎川麻弥、ROMANTIC MODE、玉置成美、飯島真理・・・。ファンにとってはお馴染みの名前が勢揃いといった感じですが、その中から懐かしの1曲を発見。マクロスの主題歌「私の彼はパイロット(飯島真理)」です。マクロス&飯島真理といえば、現在のアニソン&キャラソンの原点、先駆けともいえる存在ですが、なにを隠そう、そういう自分も、この曲がきっかけでアニメソングの世界へと足を踏み入れたのでした・・・。

私の彼はパイロット :飯島真理 試聴 TSUTAYA online♪

試聴曲を見つけたのでぜひ。キャッチーなメロディーとキュートな歌声がグッドです。基本線はアイドルポップですが、その洗練されたメロディーは20年近く経った今でも全く色褪せていません。特に「大きなハートが〜♪」から始まるブリッジ部分などは、今聴いてもちょっと鳥肌ものです。さすがは羽田健太郎先生!といったところでしょうか(この曲を聴くと、何故かノスタルジックな気持ちになります)。

VF-1Sバルキリー(フォッカー機)を駆って戦闘・・・その後ろからリン・ミンメイの歌声が流れてきたら・・・。年甲斐もなく心が躍るのは、果たして私だけでしょうか?

最終作「Another Century's Episode 3 THE FINAL」は9月6日発売。早期購入者には、アニメ主題歌の歌詞カードや、描き下ろしイラストなどが詰まった「特製ビジュアルブックレット」がプレゼントされます。何はともあれシリーズ最終作です。A.C.E.を知っている人も、知らなかった人も、今作は買いですよ。

□□□
シリーズ最高の完成度で贈る『A.C.E.』最終作!! 【ファミ通.com】
マクロス主題歌でブレーク「飯島真理」【夕刊フジ】
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5


無料MMORPG「アミーゴ・アミーガ」byハンゲーム

2007/03/23 20:40


無料オンラインゲーム「ハンゲーム」から新作MMORPG「アミーゴ・アミーガ」が新登場!全てのモノが生命を持ち、全てのモノが人間と共存しているというユニークな世界が舞台。プレーヤーはそれら全てのモノに話しかけ、友達(アミーゴ)をつくりながら冒険を繰り広げていきます。

MMORPG(多人数同時参加型オンラインゲーム)とは、ラグナロクオンラインやリネージュに代表されるMMO型オンラインコミュニティ、数千のユーザーが一つの空間を共有するゲームのことです。アミーゴ・アミーガは「風来のシレン」で知られるチュンソフト初のMMORPGで、ハンゲームで満を持して登場といった感じですが、ハードにじっくりというよりは、カジュアルに手軽に遊べるMMO型RPGとなっています。

ハンゲームといえば、今や手軽に楽しめるオンラインゲームの代名詞的存在ですが、自分は今までせいぜい将棋やカードゲームをやる程度でした。でも今考えてみると、将棋を初めてオンラインで対戦した時は、かなり印象深いものがありました。なにせ、会ったこともない人と将棋を指しているわけですから・・・。今までは将棋を指す人を探すだけでも至難の業だったのに、インターネットなら電源をつければ数千の将棋指しが目の前に現れ、しかもチャットで話しながらすぐに指せる・・・。衝撃的でしたね。それに、将棋のソフトだとコテンパンにやられるのに、人が相手だと、相手の見落としもあって意外に勝てる(笑)

オンラインゲーム、MMORPGの楽しさは、相手とチャットなどで話しながら一緒にゲームができること。アミーゴ・アミーガでもそれは同じで、自然に仲間が出来て、互いに干渉しあいながらも結構いい関係が出来、そしてその空間を共有できる・・・。なかなかおすすめな感じです。ハンゲームだと手軽だし、自分ももう一度やってみようかなってところです。

アミーゴ・アミーガでは、TVCM放送&主題歌決定の記念として、ソニーのパーソナルコミュニケーター「mylo(マイロ)」などが当たるプレゼントキャンペーンを実施中。期間は4月20日までなので、これを機にその世界にふれてみてはいかがでしょうか。おすすめです。

□□□
アミーゴ・アミーガ TVCM放映&テーマソング決定 【CNET Japan】
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


ゲームで知る日本!ご当地検定DSでケンミンショー!?

2006/11/09 22:11

ご当地検定DS : ニンテンドーDS

携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の専用ソフトご当地検定DS。ゲームを通して日本全国の様々な知識を身につけよう・・・という趣向のちょっと変わった「日本を再発見しよう!」ゲームです。

公式サイトではゲームの紹介と同時に、体験版のミニゲームも出来るようになっています。今までニンテンドーDSなんてやったことが無かったので、人がやってるのを見ても、なんでそんなに夢中になってんの?って感じでしたが、実際にプレイしてみて妙に納得・・・。何てもやってみければだめですね。

ご当地検定の体験版ミニゲームでは、かろうじて全問正解できました。「ふぅ・・」って感じでしたけどw でもたぶん体験版なので一番簡単な問題だったのでしょう。実際の製品版にはさらに中級・上級と難しい問題が待ち受けているようです。そうなったら、たぶん一撃で撃沈ですな。

ゲームでは47都道府県のご当地検定が出来るほか、各都道府県の「方言ボイス」も聴くことができるようです。またその他にも色々なミニゲームがあるので、当分の間は暇をもてあますことも、ネタに困ることも無さそうです。

高校の頃に日本史や地理を履修した人もしなかった人も、この問題に答えられるかな?って感じです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「ゲーム」ブログ

Healthy Talk ゲームのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる