Healthy Talk

アクセスカウンタ

zoom RSS 表現の自由とイスラム教への侮辱

<<   作成日時 : 2015/02/16 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

西洋の人間は風刺画は「表現の自由」だと言う。しかし、その「表現」は、イスラム教徒から見れば「ふざけるな!」と怒鳴りたくなる「侮辱」となる。

表現の自由と名誉毀損は西側の国でもしばしば衝突する。しかし、それ等の多くは法廷で争われ、「表現の自由」が勝つこともあれば、また逆に負けることもある。事実や公益を伴わない表現は、「表現の自由」とは認められなからだ。

ならば、フランスにしろデンマークにしろ、その国に住むイスラム教徒、あるいは弁護士が、風刺画を掲載した新聞社を訴えればいいのではないか?とも思う。

法律はあまり詳しくはないが、少なくとも日本で裁判になれば、こういった風刺画は「名誉毀損罪」や「侮辱罪」となり、「表現の自由」は認められないのではないか。

しかし、イスラム過激派はそういった穏便な方法はとらない。感情をむき出しにし、報復、オトシマエを取りにくるのだ。

西側の国はこの行為を「過激」だと言う。しかし、よく考えて欲しい。こういった恨みつらみの犯行は、実は日本や西洋でも日常茶飯事に起こっているのだ。

「彼女にバカにされた」、「子供に侮辱された」、「思わずカッとなって」・・・など。

銃を使ったか、ナイフを使ったか等の違いはあるが、これ等の犯行は全て「侮辱」に対する報復なのだ。

日本でも程度の差はあれ、いじめやハラスメントで相手を「侮辱」していることが多々ある。言った本人はそれほど気にも止めていないし、訴えられることも稀だから罪の意識もそれほど持っていない。しかし、言われた側、侮辱された側は、もしかしたそうは思っていないかもしれない。

つまり、何を言いたいのかと言えば、「相手をバカにしたり侮辱したりするのなら、それ相応の覚悟を持って言え」ということだ。

「侮辱した相手が翌日にナイフや銃を持って目の前に現れるかもしれない・・・」。そんな光景を想像し、また、そうなっても構わないと覚悟したうえで発言しろということ。こういうことを想像した上で発言している人は一体どれくらいいるだろう。多くはそんな覚悟もなしに、平然と、得意げに相手をバカにしているのだろう。

口は災いの元」とはよく言ったもので、不用意な発言で身を滅ぼす人はとても多い。口だけではなんとでも言えてしまうからだ。しかし、その発言には責任も伴うのだ。

「表現の自由」を声高に唱える人も多い。確かにその通りだと思う。しかし、相手を侮辱するような表現まで「表現の自由」として擁護すべきだろうか。

相手を傷つけてまであえてその「表現の自由」を貫くのなら、それ相応の覚悟をしなければならない。影響力の大きい新聞やテレビ、そこで「表現」を仕事としている人はなおさらだ。不測の事態になってからでは遅いし、誰も助けてはくれないのだから。
スポンサーリンク
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
表現の自由とイスラム教への侮辱 Healthy Talk/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる