Healthy Talk

アクセスカウンタ

zoom RSS 日の出の民主小沢さん、落日の自民安倍政権

<<   作成日時 : 2007/08/04 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栄枯盛衰は世の常と言うけれど、自民党はもはや時代の兆しについていけないのかもしれない・・・。

最近の自民党、いや、安倍総理はどこかおかしい。かつての権力者がそうであったように、今の安倍総理は地位や権力に執着しすぎな感がある。一連の政治と金の問題が如実にそのことを物語っている。赤城農相に代表される閣僚の任命責任を果たさなかったことや、今回の参議院選挙惨敗を喫しても、なおその地位に留まろうとする姿は、ややもするとドラマの中の悪代官を見ているようで、どこか滑稽にさえ見えてくる。地位や権力に固執するトップで、称賛された者など歴史上誰一人いない。

新聞で日銀次期総裁に関するニュースが報じられていた。自民党安倍総理は、次期日銀総裁に財務省出身の武藤氏を就任させたいらしい。一方、民主党鳩山幹事長は、武藤氏の就任を「財務省による日銀支配につながる」として反対している。どちらの主張に理があるかは明らかで、このニュースひとつをとっても、安倍総理がいかに権力側の人間なのかが伺える。

安倍総理のうたう「美しい国」とは、既得権力層にとっての「美しい国」なのだ。

マスコミは、立法、行政、司法に次ぐ第四の権力と言われている。先の参議院議員選挙の報道番組で、自民惨敗にもかかわらず早々に続投宣言をした安倍政権に対し、その理由を厳しく追求した局はNHKだけだった。他の民放各局は惨い有様で、日テレに至っては何故か島田紳助やアイドルグループ「嵐」を起用、ここにきても視聴率獲得に奔走していた。おまけに安倍総理に対するインタビューでは、辛口の島田紳助も不発のまま終了・・・。図らずも権力者が権力者に対して迎合する最悪の形となってしまった。

「庶民=民主党 富裕層=自民党」という構図が見えてきた日本の政局。我々庶民にとっては民主党政権のほうが幸せなのかもしれない。先進国ではみな2大政党制が主流だと聞く。日本の場合は保守(右派)2大政党といった趣きがあるが、このまま民主党が国民寄りの中道政治に変わってくれば、日本の将来も少しは明るくなるのかもしれない。

いずれにしても、今の自民党・安倍さんはどこかおかしい。まっとうなのは民主党である。

□□□
小沢民主党代表が役員会出席 安倍首相続投を批判 【イザ!】
安倍首相、メルマガで「ゼロから出直す」と重ねて続投強調 【イザ!】
スポンサーリンク
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日の出の民主小沢さん、落日の自民安倍政権 Healthy Talk/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる